「ふもっふのおみせ」のファンの皆様(ふもマニア)に向けた情報サイト

ブログ

2020.11.13

【製品説明】スイッチ革命!静電容量式メカニカルスイッチV2のご紹介

"ふもっふのおみせの商品のマニア”略して"ふもまに”の皆様こんにちは!
ふもっふのおみせでございます!

今回、VARMILO 静電容量式スイッチバージョン2の発売を記念して、改めてVARMILO静電容量軸のご紹介をいたします!
今回新発売のデイジー軸も含め、VARMILO静電容量式スイッチってどうなの?と思っている皆様の参考になれば幸いです!


静電容量式スイッチとメカニカルスイッチの利点を組み合わせた「VARMILO 静電容量式スイッチV2」の特徴

メカニカルスイッチの特徴である打鍵感と、静電容量式スイッチの信頼性と長寿命。
両方を兼ね備えているVARMILOの静電容量式スイッチV2。

メカニカルキーボードに使われているスイッチは本来、物理的な接触によってスイッチが「オン」になります。
物理的な接触が必要となるため、長期間使用すると摩耗が発生し、故障や不具合の原因となる場合があります。

静電容量式スイッチは、静電容量の変化を計算してオンとオフを判定しています。
物理的な接触がないため、信頼性に優れ、摩耗が少ないので寿命が長いことが特徴です。(理論的には寿命は無制限とも言われています。)

ただ、従来の静電容量式スイッチは非常に高価である上に、主制御計算をするためにシリコンボールおよび円錐形のばねを使用しなければならず、打鍵感を多様化することはできませんでした。


そのため、マニアの間では人気がありましたが、メカニカルキーボードの打鍵感が好みのユーザーには不人気でした。

VARMILOの静電容量式スイッチは、従来の静電容量式スイッチに必要不可欠だったシリコンボールや円錐形のばねを使用せずに、非接触の静電容量式スイッチの構造を特別に設計しました。


これにより、VARMILOの静電容量式スイッチは従来のメカニカルキーボードに使われているスイッチと同様に、様々な打鍵感のスイッチを開発することに成功しています。


好みの打鍵感が見つかる、4種類の新しい「VARMILO製 静電容量式スイッチV2」


VARMILO 静電容量式メカニカルスイッチV2には、タイピングを楽しめる入力感のスイッチが4種類(現在販売中は3種類)あります。


VARMILO Daisy軸

今回新発売となるデイジー軸です。
作動力が35gfのリニアスイッチ。
Daisy軸は有名なCherry MX RedやSpeed Silverよりも軽い、最軽量の静電容量式リニアスイッチです。
入力する際の疲労を軽減できる軽いスイッチ。
重いスイッチを押すことで引き起こされる腱鞘炎などのトラブルを予防することができます。
キーボードを長時間使用するエンジニアをはじめ、ビジネスユースに向いています。

<技術データ>

スイッチタイプ:リニア
押下圧:35g±10g
作動点:2mm


VARMILO Sakura軸

作動力が45gfのリニアスイッチ。
Sakura軸は定番のCherry MX RedやSpeed Silverに近い、軽量な静電容量式リニアスイッチです。
軽さだけでなく、適度なタイピング感を求めるユーザーにオススメのスイッチです。
クセの少ないSakura軸はオフィスでの使用や、普段遣いに適しています。


<技術データ>

スイッチタイプ:リニア
作動力:45g±10g
作動点:2mm


VARMILO Rose軸

作動力が55gfのリニアスイッチ。
Rose軸は有名なCherry MX Red軸やSpeed Silver軸より重いですが、Cherry MX Black軸よりも軽量な静電容量式リニアスイッチです。
キースイッチからのフィードバックがあるので、レスポンスの感覚を求めるユーザーやゲーマー向けです。


<技術データ>

スイッチタイプ:リニア
作動力:55g±10g
作動点:2mm


VARMILO Green軸  ※現在開発中

そして最後に、現在開発中のグリーン軸もご紹介いたします!
作動力が50gfのタクタイルスイッチ。
Green軸はVARMILO製 静電容量式スイッチの中で唯一のタクタイルスイッチで、「カチッ」という音が出て、Cherry MX Blue軸と似ています。
唯一のタクタイルスイッチであるGreen軸は、歯切れの良いパリッとしたクリック感がある、メカニカルな感覚が好きなユーザーにオススメのスイッチです。
メカニカルキーボードのクリック感や音を是非ご堪能ください。



取り扱いデザイン一覧

ふもっふのおみせでは、5種類のデザインでこれらの軸をお取り扱いしております。
ぜひご覧ください!

デザイン一覧

・Sakura(Sakuraモデルはこちら
・Sea Melody(Sea Melodyモデルはこちら
・Beijing Opera(Beijing Operaモデルはこちら
・Koi(Koiモデルはこちら
・Panda(Pandaモデルはこちら

タイプ音サンプル

ふもっふのおみせTwitterYoutube ではタイプ音の紹介動画を掲載しております、是非こちらも参考にしてみてください!

<V2 3種聴き比べ>


<メカニカルキーボードの打鍵音比較動画>

※VARMILO 静電容量式スイッチはV1のときのものです