「ふもっふのおみせ」のファンの皆様(ふもマニア)に向けた情報サイト

よくある質問 Ducky キーボード

対象商品

  • Mecha Mini RGB 60% version
  • One 2 Mini 60% version
  • One 2 SF RGB 65% version
  • One 2 RGB TKL 80% version
バックライトは光っているのに、キー入力が反応しない。
デモモードになっている可能性がございます。
お手元の製品にあわせて、下記の動作をお試しください。
※Mecha miniとOne 2 miniは、キーボード背面のプレートに記載の型番(P/N)により、DIPスイッチの機能に差異がございます。お手元のキーボードの型番を一度ご確認下さい。

▽One 2 Mini RGB 60% version(型番:DKON1861ST)
▽One 2 Mini Pure White RGB 60% version(型番:DKON1861ST)
▽One 2 Mini Bon Voyage 60% version
▽One 2 RGB TKL 80% version
Windowsキーが反応するようでございましたら、「左Winキー + 右Winキー」を同時に3秒間押し、キーボードのリセットをして下さい。

▽Mecha Mini RGB 60% version(型番:DKON2061ST / DKME2061ST)
▽One 2 Mini RGB 60% version(型番:DKON2061ST / DKME2061ST)
▽One 2 Mini Pure White RGB 60% version(型番:DKON2061ST / DKME2061ST)
Windowsキーが反応するようでございましたら、「左Winキー + 右Winキー」を同時に3秒間押し、キーボードのリセットをして下さい。
または、キーボード裏面のDIPスイッチNo.4をOFFにし、PC再起動をお試し下さい。

▽One 2 SF RGB 65% version
Windowsキーが反応するようでございましたら、「左Winキー + ↓キー」を同時に3秒間押し、キーボードのリセットをして下さい。
または、キーボード裏面のDIPスイッチNo.4をOFFにし、PC再起動をお試し下さい。

チャタリングが発生する。
チャタリングは、キーボード基盤の物理的な接触によって起きる場合と、静電気やお客様の環境(給電過多や、コンバーターの使用、PCの設定など)によって発生する場合がございます。

▼キーボードとPCのUSB接続を解除し、数分間放電を行って下さい。
PCの再起動等をお試し頂くと効果的です。

▼デバウンスタイムの調整
下記、キーを3秒間長押しすると、キーボードが3回点滅して、反応速度が変更されます。
キー押下からの反応速度を少し遅めに設定下さい。
5ms Fn + Alt + Y
10ms Fn + Alt + U(デフォルト)
15ms Fn + Alt + I
20ms Fn + Alt + O

デバウンスタイムは短くすればするほど、すぐに反応するようになりますが、誤操作を引き起こす可能性が高くなります。
変更する必要が無い場合は、デフォルトの設定を推奨しております。

▼キーボードの設定
Windows PCにご接続頂きます。
コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→デバイスとプリンター→Ducky Keyboardのアイコンを右クリック→キーボードの設定
「表示の間隔」を遅めに調整お願い致します。

▼キーボードのメンテナンス
キーボード内部に静電気が溜まらないよう、定期的なメンテナンスをお願い致します。
エアダスター等をご使用頂き、チリやホコリを定期的に取り除いて頂くことによって、キーボード内部に静電気が溜まらないようにすることが可能です。
お手入れして頂く際は、あらかじめUSBケーブル等は抜いて頂き、数分間放電頂いた後に、エアダスターをご使用下さい。
熱を持っている場合や通電している時に使用致しますと、製品が故障する可能性がございます。
ご使用上の注意事項をご確認頂き、お手入れを行って下さい。
キートップに表記されている文字と違う文字が入力されてしまう。
「@」キーを打つと「[」と入力されてしまう。
DuckyキーボードはUS配列のため、キーボードの設定を「英語キーボード(101/102)」に設定する必要がございます。
お手数ではございますが、ご使用のPCにて、下記手順でキーボード設定をご確認お願い致します。

【Win10での設定確認/変更方法】
Windowsボタン→設定→時刻と言語→地域と言語→日本語→オプション→レイアウトを変更する→英語キーボード→サインアウト
その後、再度サインインし、PCを再起動をして頂くことで適用されます。
         
USB接続時、「USBデバイスが認識されません」、または「不明なUSBデバイス(デバイスの記述子要求の失敗)」と表示されてしまう。
以下の動作をご確認いただくことで、正常にデバイス認識される場合がございます。
お手数ではございますが、一度ご確認お願いいたします。

▼キーボードとPCのUSB接続を解除し、数分間放電を行って下さい。
PCの再起動等お試し頂くと効果的です。

▼ケーブルの不具合である可能性がございます。
一度ケーブルをキーボードから外し、カチッと音が鳴るまでもう一度奥までしっかりと差し直して下さい。
お手元に別のケーブルがございましたら、そちらに差し替えることで問題が解消される場合がございます。

▼ファームウェアの更新
Ducky製品のファームウェアの更新は、Ducky公式サイトより更新用ディレクトリをダウンロードすることで行うことが可能でございます。
お手数ではございますが、下記のURLよりファイルをダウンロードして頂き、ファームウェアの更新をお試し下さい。
また、キーボード裏にございますプレートに記載の型番(P/N)に適合しているファイルをご利用下さい。
※誤ったファイルにて更新を行いますと、故障の原因となりますので、ご注意下さいませ。
Ducky公式サイト https://www.duckychannel.com.tw/en/support

【更新方法】
1.アプリケーションを開き、「Dキー+Lキー」を押した状態でケーブルを接続します。
※メーカー型番(P/N)が「DKON2061ST」、または「DKME2061ST」の場合、「Dキーのみ」を押した状態でケーブルをご接続下さい。
2.上記キーを押しながら接続するとバックライトが点灯せず、キーが反応しなくなります。
※この時、ケーブルは外さないで下さい。 3.アプリケーションのOKボタンが押せるようになるので、クリックするとSuccess!と表示されます。
4.一旦ケーブルを外して、再接続すると再びキーボードが使えるようになり、更新完了となります。

※「Ducky One 2 SF RGB 65% version」にはファームウェアの更新はございません。
※ファームウェアの更新をお試し頂いても症状が改善されない場合、ふもっふのおみせカスタマーサービスまで、「症状、メーカー型番、ご使用いただきました更新ファイル名」をお知らせ下さい。
Windowsキーが反応しない。
Windowsキーが無効化(Windowsキーロック)になっている可能性がございます。
以下の手順にて、Windowsキーを有効に切り替えて下さいませ。

Windowsキーを押下した際、[スタート] メニューが表示されなければ、ロックがかかっている状態です。
「Fn + Alt + Windowsキー」を3秒間長押しすると、キーボードが3回点灯し、ロックを解除できます。

上記ご確認後、「左Winキー + 右Winキー」(「Ducky One 2 SF RGB 65% version」の場合は、「左Winキー + ↓キー」)を同時に3秒間押し、キーボードが3回点灯し、リセットが可能か否かご確認下さい。
RECキー(CapsLockキー)だけがずっと点灯している。
LEDカスタマイズ設定をしたのに、RECキーだけ白く点灯する。
PCにて英語配列に設定されている場合、RECキーは、押下して頂くとCapsLock機能(英語の大文字小文字の切り替え、または日本語と英語の切り替え)が有効となり、白く点灯する仕様です。
再度押下するとCapsLock機能が無効となり、消灯致します。
また、RECキーにはLEDカスタマイズ設定は適用されません。白色の点灯のみとなります。